プロバイダーおすすめ

サポートセンターで選ぶおすすめプロバイダー

質の高いおすすめプロバイダーを選びたいなら、サポートセンターの対応で選ぶこともできるでしょう。データ通信そのものや通信回線などはどこのプロバイダーでも一緒です。

 

そこでさまざまな付加サービスで価値を高めて集客しようと、メールアドレスや無料ホームページ制作、IP電話、光テレビ、セキュリティといったサービスを展開しています。

 

それでもマーケットが充実してくればそうした付加サービスも似たり寄ったりになってしまうのがどの業界でもみられています。

 

ほとんどのサービスがメールやダウンロードで行なえるために、サポートセンターの電話応対こそ、その企業の質がもっとも顕著に現れるといえるでしょう。プロバイダーの生の人間と接する限られた接点です。

 

そのサポートセンターの対応の質について口コミを通して知ることができます。

 

すべてが順調な時にサポートセンターに電話をかけるユーザーはいません。

 

問題があるからこそサポートセンターに電話をかけて対応をお願いするのですが、特にパソコン初心者やインターネット初心者にとっては命綱ともいえるのが、このサポートセンターです。

 

なのにつっけんどんに対応されたりたらい回しにされたら悲しいですね。ですからおすすめプロバイダーを選ぶならサポートセンターの対応は重要なのです。

 

サポートセンターで重要な要素のひとつは、すぐに電話がつながることです。

 

自動音声で「現在込み合っておりますので、そのままお待ちください」というメッセージを繰り返すだけで20分も30分も待たせるプロバイダーは、問い合わせ数に応じた回線増強や担当者増強ができていないのです。

 

サポートセンターで重要な別の要素は、解約や料金間違いなどでも快く対応することです。

 

どの会社でも解約は増やしたくないのが本音でしょうが、何か不手際があったのであれば改善したいとの姿勢が将来的に信頼を培うことにつながるのです。

 

今の損に腹を立てているだけでは企業として成長するのも難しいでしょう。

 

サポートセンターで対応する際には、たらい回しにしないことも重要です。

 

確かに大企業となれば担当部署が分かれていたり、実際に電話口で応対するのはサポート業務会社の契約社員だったりするのでしょうが、部署を回されてどこも責任を持って対応しなければ信頼を損ねてしまっても仕方がないでしょう。逆に、最初に応対した担当者が別の部署に案内した後に向こうから電話をかけてきて「さっきの用事は大丈夫だったでしょうか」といった気遣いがあるサポートセンターであれば、おすすめプロバイダーとして契約してもいいと思います。

 

どんなにインターネット技術が発達しても、それを提供するのも人間なら利用するのも人間ですので、そこに信頼と温かみが感じられることが企業として成長するためには不可欠なのです。


4年使ったときに一番安いプロバイダーはドコ?