プロバイダーおすすめ

人気プロバイダーTOP3

東日本地域の方はこちら

おすすめプロバイダーとは

世の中に数あるプロバイダーの中から、おすすめのプロバイダーを探し出して選ぶのは大切なことです。

 

玉石混合という言葉がありますが、キラキラ光るきれいな石を海岸で拾って研磨したからといって高く売れるとは限りません。

 

ガラスの破片が波によって磨かれて宝石に見えることだってあるのです。

 

同じように、インターネットプロバイダーも見た目だけでは判断すると後悔することになりかねません。

 

比較すべき要素をしっかり浮き彫りにし、冷静に検討することがなによりも大切なのです。

 

おすすめプロバイダーについて説明するにあたっては、そもそもプロバイダーとは何かを語る必要があるでしょう。何年もインターネットを使っているネットオタクのような人でも、「ではそもそもプロバイダーとは何か?」ということをおばあちゃんに説明するのは意外と難しいものです。

 

家計の財布を握っているのがおばあちゃんであるなら、パソコンについて何も知らないおばあちゃんを説得しなければならないのです。

 

プロバイダーとは、インターネット接続サービスを提供している会社のことです。

 

ここでややこしいのが、インターネット回線業者とインターネット接続業者が別だという点です。

 

たとえば連休にディズニーランドに行って遊びたいと思うとしましょう。ディズニーランドまでの直通バスに乗るときにはバス会社にバスの運賃を払います。

 

ディズニーランドの正門に到着し入園する時には、遊園地運営会社からディズニーランドのパスポートを購入します。

 

そうして初めて魔法の王国の世界を思う存分闊歩することができるのです。

 

それと同じでインターネットを使いたい場合には、自宅からインターネット接続業者までの間を結んでデータを運んでくれるインターネット回線業者と契約し、それに加えてインターネットのネットワークにアクセスしてくれるインターネット接続業者とも契約しなければならないのです。

 

そうして初めてインターネットの世界を思う存分楽しむことができるのです。

 

世の中に数あるプロバイダーの中からおすすめプロバイダーを選ぶポイントには、いろいろな要素があります。

 

もし動画鑑賞をしたいとか、光テレビを活用したいという場合には、光回線で接続できるかどうか、その際の回線速度はどれほどかが気になるところです。

 

そんなに大量のデータをやりとりしないので安価なADSL回線を使いたいのであれば、速度と価格のコストパフォーマンスに注目してください。また、セキュリティや無線LAN、メールアカウント、ホームページ製作サービス、IP電話といった付加的なサービスも重要です。

 

基本性能、価格、付加サービスといった項目を比較検討することでおすすめプロバイダーを見つけることができるでしょう。


インターネット回線種類でおすすめプロバイダーを選ぶ

インターネットの回線種類は、インターネットサービスの基本性能といってもいいでしょう。光ファイバー、ADSL、モバイル回線の3種類が基本的な選択肢となっています。

 

それぞれメリットとデメリットがありますので、自分がインターネットをどう使いたいのかによって選択していく必要があります。

 

インターネット回線種類はインターネットの基本性能です。

 

自動車を検討する際のエンジンの大きさに似ているといえるかもしれません。

 

自動車を選ぶ際には、普通車か、軽自動車か、はたまた原付バイクかによってずいぶんと違いが出てきます。

 

それぞれにメリット・デメリットがあり、大は小を兼ねるとは必ずしもいえないのです。

 

高速道路を使って500km、1,000kmといった遠方の田舎にたびたび帰らなければならないならば、普通自動車がおすすめです。

 

間違っても原付バイクにしてはいけません。

 

逆に、都心で近距離通勤に使うのであれば原付バイクがおすすめでしょう。普通自動車や軽自動車にしてしまうと、渋滞で通勤時間がかかりすぎますし駐車場代が高額で見合わないことになりかねないのです。

 

同じようにおすすめプロバイダーを選ぶ際にも回線種類は非常に重要になってきます。

 

YouTubeのような動画をたくさんみたいのであれば、8Mbpsといった低速ADSLを選んでしまうとイライラすることでしょう。重いハイビジョン動画などはまったくといっていいほど動いてくれないかもしれません。

 

逆にモバイルでインターネットを使おうと思っているなら、1Gといった超高速回線だからといって光回線は不可能です。

 

光回線は光ファイバーを通じたインターネット回線なので、住宅や事務所といった固定した場所でしか接続できないからです。

 

また、メールのやり取りしかしないのであれば、高い料金の光回線よりも安いADSLがおすすめになります。

 

使い方によってプロバイダーの回線を選ぶことがコストパフォーマンスの面からいっても賢い方法になるのです。

 

最近の流行はクラウドサービスです。

 

さまざまなデータを自分のパソコンではなくクラウドサービスを提供している会社のサーバーに保存して、必要な時だけアクセスするという方法です。

 

パソコンのハードディスクなどの容量はほとんど必要なくなる代わりに、インターネット接続環境がとても重要になってきます。

 

そうしたサービスを活用していくのであれば、おすすめプロバイダーを選ぶ際にもできるだけ速度の速いインターネット回線を選んでおきたいものです。